おすすめ投稿

通販サイトへのクレジットカード登録

クレジットカードの所有率が高くなったことの理由に、インターネットショッピングが増加したことが挙げられているそうです。ネットショッピングではクレジットカードで決済することで代引き手数料など、余計な手数料をかけないでいいことなどが挙げられています。


クレジットカード登録、忘れてませんか?

利用する通信販売サイトが増加すると、ついその場で登録してしまい、そのサイトをすっかり忘れてしまうというような事故です。特に現在はインターネットを利用する個人情報の流出も増加しているそうですから、自分がどのサイトに、どのクレジットカードを登録しているのかをしっかりと把握しておくことも大切となってくるでしょう。


使わないサイトからは情報削除を

クレカをいちいち出さずに買い物ができるのは非常に便利かもしれませんが、一年以上買い物をしていないサイトで会員登録があり、さらにクレカ情報なども保存したままであるのなら、クレカ情報の削除をおすすめします。連携サービスもある場合には、会員登録そのものを解除することはないかもしれませんが、何かの事故に巻き込まれてしまってからでは遅いですから、クレカ請求時は覚えのない請求ではないかどうかなども含めてチェックしましょう。

注目サイト・・・・・クレジットカードのおすすめランキング

年間利用額の特典をチェックしよう

クレジットカードの多くは、一年間に10万円以上の利用など、利用金額で優待チケットを利用できる、商品券などのキャッシュバック、クレジットカード決済の利用で割引が大きくなるなど、カード会員の条件が変わります。年間利用額を考えて、クレジットカードの特典を考えてみましょう。


年間10万円のクレジットカード決済はだいたい一年間の携帯代

一年間に10万円もクレジットカードで買い物なんかしない!という人も多いかと思いますが、年間に10万以上の買い物などの条件を毎年適用させる場合、公共料金や携帯電話の料金を引き落としに設定しているケースが多いのです。だいたい、今の携帯電話は通信費と通話で1万円に満たない程度という価格が多いので、携帯だけでもクレジットカード引き落としにすると、案外キャッシュバックが増えることもあるそうです。


クレカ引き落としはできるだけ統一して

いろいろなクレカで、という使い分けもいいですが、効率よくポイントが貯まるというのは、公共料金専用に一枚のクレカを使うことがおすすめされるそうです。買い物なども混ぜてしまうと毎月のお金の管理が大変になってしまうので、買い物と生活費などでクレカを使い分けるなどの工夫を行う人も多くいるそうですよ。こうすることで、翌年の割引率が上がることも多いので総額も考えましょう。

クレジットカードの支払いを管理する

クレジットカードは多くの場合、利用した翌々月の支払いとなります。ここで困るのが、時間が経つことでうっかり忘れてしまう、回数を分割して支払う場合は何回目の支払いだったかわからなくなってしまうというものです。信用情報に傷もつきますし、支払い管理のコツがあるといいのでしょうね。


クレジットカードの利用控えを管理

お店などで利用する場合には、レシートの控えを必ず発行してもらえます。そのレシートをクレジットカード決済のものだけキチンと保管、レシートに支払い日をメモしておくという管理方法です。ネットで利用した場合には、商品の控えなどの値段部分だけを切ってもいいでしょう。分割返済にしていたら、最初の月を書いておくだけでもだいぶわかりやすくなります。レシートなどには必ず、支払い回数も明記されていますから、たどればいいのです。


ネット会員申し込みをして管理

インターネットで会員登録ができる会社も多くなっています。そこでおすすめなのは、インターネット会員に登録、ネット上で支払い回数や支払日、自分の使ったクレカの履歴などをチェックすることです。この登録を行うと、ネット上から支払回数の変更も利用できるメリットもあります。メールで支払い期限が近づくと請求額を通知してくれるサービスも多いので、アナログとデジタル、両方で管理してみてはどうでしょう?

クレジットカードのデザインが豊富な日本

クレジットカードは海外ではIDカードとしての役割も果たすことが多いため、あまり遊び心の多いデザインで発行されるものは少ないと言われているそうです。一方で日本では身分証としての役割はあまり果たしていないというカードそのものの扱いの違いからデザインも豊富となっています。


僕と契約してクレジットカード会員になってよ

アニメとのコラボレーションクレカも増加していて、人気アニメの魔法少女まどか☆マギカのデザインのクレカも発行されているそうです。ランダムで限定カードをもらうことができるなど、作品のファンにはおすすめしたい一枚です。デザインは高校の制服を着たまどかたちが微笑んでいるものです。端っこにソウルジェムが小さくデザインされています。


海外も注目するエヴァカード

三井住友VISAカードが発行しているのがエヴァンゲリオンデザインのクレジットカードです。この作品は海外にもファンが多くいることから、世界からデザインに注目が集まったと言われています。特設サイトも設置されていて、今は綾波レイ、アスカ、初号機の3つのデザインがあります。初年度特典や補償も手厚いそうです。また入会特典にスマホケースをもらうことができます。

クレジットカードのスポンサー企業で選ぶ

クレジットカードではカード会社がオフィシャルスポンサーとなっている会社がある場合があります。JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーを勤めることから、ディズニーリゾートでJCBのクレジットカードが非常に便利に使えるそうです。


クレジットカードをパーク内はサインレスで

ディズニーリゾートで欠かせないのが、お土産などのショッピングかと思います。JCBのクレカを利用すると、食事やショッピングのカード決済をサインレスで利用できます。食べ歩きも楽しみの一つとなるパーク内では、サインをしなくていいというのは思う以上に快適なのです。またカード会員限定のパーク開園日などもあるそうです。競争率は高いですが、ディズニーファンにはおすすめのクレジットカードといえますね。


ディズニーデザインで作れるのはJCBだけ

クレカのデザインに注目されているのが、日本の特徴とも言えます。JCBであれば、ディズニーキャラクターのクレカ発行も行っているそうです。開園記念の限定デザインに加え、定番キャラクターやプリンセスシリーズ、スティッチなど、自分の好きなキャラクターといつでも一緒にいることができます。貯めたポイントはオリジナルグッズと交換ができるそうです。

クレジットカードに付帯する保険の条件

クレジットカードには海外旅行、国内旅行など旅行保険が一緒になっているものも多くあります。海外では盲腸などで入院するだけで百万円単位のお金がかかるケースもあり、万が一の体調不良のためにも海外旅行保険は必須なのだそうです。


クレジットカードに保険がついているのに使えない?

しかし、この保険には2種類あり、キチンと保険が適用される条件を知らないと、帰国してから保険が利用できないというトラブルになりかねないそうです。保険には、利用付帯、自動付帯と分けられています利用付帯は、規定の料金などをその会社のカード決済で行うことを条件に保険が利用できるというものです。交通費や宿泊施設費用など、会社の定めるものの支払いをクレジットカードでおこないます。


自動付帯と利用付帯を併用

海外旅行保険は限度額なども決まっているものが多く、年会費のかからないものは補償金額が安いこともあるそうです。そのため、数種類のクレカを併用、保険も併用して入ることをおすすめする人も多いそうです。この保険には傷病以外に、盗難なども補償対象となっているそうです。また海外では一部の会社しか使えない地域もあるそうですから、数種類のクレカを持つメリットは保険だけではないと考えられますね。