クレジットカードに付帯する保険の条件

クレジットカードには海外旅行、国内旅行など旅行保険が一緒になっているものも多くあります。海外では盲腸などで入院するだけで百万円単位のお金がかかるケースもあり、万が一の体調不良のためにも海外旅行保険は必須なのだそうです。


クレジットカードに保険がついているのに使えない?

しかし、この保険には2種類あり、キチンと保険が適用される条件を知らないと、帰国してから保険が利用できないというトラブルになりかねないそうです。保険には、利用付帯、自動付帯と分けられています利用付帯は、規定の料金などをその会社のカード決済で行うことを条件に保険が利用できるというものです。交通費や宿泊施設費用など、会社の定めるものの支払いをクレジットカードでおこないます。


自動付帯と利用付帯を併用

海外旅行保険は限度額なども決まっているものが多く、年会費のかからないものは補償金額が安いこともあるそうです。そのため、数種類のクレカを併用、保険も併用して入ることをおすすめする人も多いそうです。この保険には傷病以外に、盗難なども補償対象となっているそうです。また海外では一部の会社しか使えない地域もあるそうですから、数種類のクレカを持つメリットは保険だけではないと考えられますね。